働いている人の思い ~ 先輩ナースの声 ~
ローテーション研修終了ナース Uターンナース 潜在ナース
新卒ナース 認定ナース 先輩ナースの出身校・実績康
ローテーション研修終了ナース

私は急性期病院に興味があり、かつローテーション制度・PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)という所に魅力を感じ、野崎徳洲会病院に入職しました。
入職を決めたのは看護学生1年目の時で、当時から学校に通いながら休みの日は看護補助者としてアルバイトをしていました。新人の1年目は希望部署で働き、その後ローテーションをさせて頂きました。私は自分にとってどの診療科、どの部署が合っているのか分からなかったので全ての部署を期間を決めてまわりました。どの部署をどのくらいの期間ローテーションするのかも全て希望を聞いて頂けるので凄く有難いです。

ローテーション研修終了ナース

ローテーションでは全ての部署の先輩が丁寧に熱心に教えて下さり、多くの事を学ぶ事ができました。私はローテーション終了後、循環器内科・心臓血管外科を希望し、現在働いています。特に今の部署は心臓血管外科の術後や心臓カテーテルについて沢山の事を学べる為選択しました。また、他の病院では珍しい、病棟看護師が心臓カテーテルにはいるので貴重な体験をさせて頂いています。どんなに忙しくても先輩方が丁寧に熱心に指導して下さるので、安心して働くことができます。今の環境を大切にし、日々成長していきたいです。

ローテーション研修終了ナース

入職を決めた理由はなんですか。

ローテーション研修があったからです。

ローテーション研修の良さを教えて下さい。

各病棟でその病棟に関わる疾患の勉強ができ、多くの先輩看護師との出会いや色々な方法の看護技術が学べるからです。自分がどこでどのように働きたいか考えるタイミングが自然とでき、また、各病棟のスタッフと関わることができるため仕事面では病棟間との連携が図りやすくプライベートでも繋がりができます。

ローテーション研修終了ナース

ローテーション中の印象深いエピソード

重症であった患者さんが歩いて自宅に帰ったことです。看護師としてその患者さんと関わり退院する姿をみて看護師になって良かったと思いました。

現在の部署に決めた理由

重症管理や急変対応、カテーテル介助等している先輩の姿がかっこよく、自分もそうなりたいと思ったからです。

今後の抱負

4年目ですが、まだまだ1年目に感じた先輩のようには看護師にはなれていません。先輩から学んだことを少しでも後輩に伝えていき自分も先輩のようになれるよう努力していきたいです。

ローテーション研修終了ナース

私が野崎徳洲会病院へ入職を決めた理由は、ローテーション研修があったからです。看護師1年目から自分にあった部署を決めることは難しく、興味があってもそれが本当に自分にあっているのかは、実際働いてみないと分からないので、ローテーションという制度はとてもいい制度だと思いました。

1年目は病棟での勤務に慣れるために、固定の部署で働かせて頂きました。その後、自分が興味のある部署に自分で設定した期間でローテーションに周らせて頂きました。やはり、部署ごとにそれぞれ特徴があり、そこでしか学ぶことができないことも沢山ありました。私がローテーション研修で感じたことは、様々な部署を経験することで自分の看護の幅も広がり、それが自信へと繋がっていくのを感じました。

また、PNSを導入されているため、どの部署へ行っても、先輩看護師とペアを組むため、安心して業務ができ、分からないことや不安があればすぐに相談することができました。どの部署の先輩方も、とても丁寧に指導してくださいました。

各病棟でその病棟に関わる疾患の勉強ができ、多くの先輩看護師との出会いや色々な方法の看護技術が学べるからです。自分がどこでどのように働きたいか考えるタイミングが自然とでき、また、各病棟のスタッフと関わることができるため仕事面では病棟間との連携が図りやすくプライベートでも繋がりができます。

ローテーション研修終了ナース

ローテーション研修を終了し、私は現在、整形外科病棟で勤務しています。もともと整形外科に興味があったということはもちろんですが、何より病棟の雰囲気がとても明るく、師長をはじめとするスタッフみんなが笑顔で楽しそうに仕事をされている姿を見て、私もその一員としてここで働きたいと感じ、この部署を希望させて頂きました。

まだまだ未熟で、先輩方に迷惑をかけながらの毎日です。辛い時やしんどいこともありますが、明るく元気な先輩方に励まされ、楽しく看護師として働くことができています。これから後輩もでき、教わる側から教える側へなった時、私に指導してくださった沢山の先輩方のように豊富な知識と、確かな技術をもって関わっていけるよう、これからも日々勉強していきと思います。

Uターン看護師

私は野崎徳洲会病院で看護師満3年を迎えて、新たな場所で頑張っていきたいとの想いで退職を志望しました。そして、退職時には部署のスタッフ皆さんが温かい声援で送り出して頂きました。退職した後には医療の現場とは全く違う仕事に携わり過ごしていましたが、実際に看護の世界から離れてしばらくし、看護師としての仕事のやりがいや魅力に気づかされ、もう一度看護師に戻ろうと決断しました。再就職に向けて、色々な病院を見学しシステムやそれぞれの雰囲気を見て回りましたが、どこか納得がいかず野崎徳洲会病院への再就職を考えました。救急指定の急性期を担う大規模病院であり看護師としての知識や技術が学べるのはもちろん、看護部長や看護師長にいつも優しくフォローして頂いていました。再就職に関して相談させてもらった際にも温かく迎えいれて頂き、野崎徳洲会病院で再スタートする事となりました。現在も以前と変わらず部署の先輩看護師達からもその都度に指導やフォローをして頂け一人一人にあったペースで育ててもらっています。何よりも人間関係での悩みはほとんど無く毎日楽しく働かせてもらっています。今後は認知症の認定の取得を目指している中、今年度に認知症に関するテーマでの看護研究にも携わらせて頂いており日々看護師として充実した毎日を過ごしています。

Uターン看護師
Uターン看護師
Uターン看護師

私がこの病院に帰ってきたのは通いやすいからというのが大きな理由です。自宅と病院の距離が3駅離れており、仕事とプライベートを分けるのに調度良い距離だと思っています。あとはやはり年中無休24時間の患者の受け入れを実際行っている病院は近隣になく、忙しくて大変だと思う時もありますが、とても誇らしく思います。今は戻ったことで以前の上司や仲間も歓迎して下さるのがとても有難いなと感じています。

Uターン看護師
Uターン看護師
元・潜在看護師

平成24年に20年のブランクがありましたが非常勤看護師から復帰しました。
たまたま見つけた大阪府看護協会の“再就職支援講習会”に参加し、ずっと胸に抱いていた 復職したい!という思いが強くなり、 一大決心しました。電子カルテや日々変化していく医療の世界、それに自分の臆病さや記憶力の低下にも大きな不安を感じて いましたが、丁寧な指導でひとつひとつ乗り越えている毎日です。
『あなたなりのペースでいい』という上司の言葉や、同年代のスタッフに助けられています。
ブランクの年数を考えると復帰するなんて無謀ではと思っていましたが、勇気を出して第一歩を踏み出し、
今、医療の現場にいることを心から幸せに感じています。

元・潜在看護師
元・潜在看護師
新卒看護師

私が看護師になったきっかけは子供の入院です。
その時の看護師さんの気遣いや優しさで心が救われ、看護師という存在の大きさを感じました。そんな私も野崎徳洲会病院に入職し早半年が過ぎました。最初は分からないことだらけで落ち込むこともありましたが、今は一つ一つできることが増え、少しだけ心に余裕を持つことができるようになりました。一年目研修は、講義だけでなくグループワークを通して他部署の同期との情報共有の時間にもなっていて、色々な知識を増やせるのが楽しかったです。今後も毎日の振り返りを行いながら、一人の看護師として責任をもって知識や技術、態度を養いがなら、できることを増やしていきたいです。私が配属した外科病棟は手術や処置なども多く忙しいですが、先輩方は患者さんに何が必要なのかを考え、患者さんの生涯に寄り添った看護をされています。まだまだ未熟な私ですが、いつの日か先輩方のような看護ができるようになりたいと思います。

新卒看護師
新卒看護師
新卒看護師

私は野崎徳洲会病院で実施していた看護師体験に参加し、患者様への看護師の対応を間近で見て、野崎徳洲会病院で働きたいと思いました。私は職場環境に慣れる為、ローテーション研修で様々なまわり方がある中で1年目は固定の部署で働くローテーションを希望し働かせて頂いています。少しずつではありますが患者様や先輩方のご指導を受け、患者様のケアを行う事ができるようになったと思います。看護師として必要な知識・技術を身につけ、患者様に寄り添いながら笑顔になってもらえるような看護師を目指し、日々努力していきたいと思います。

新卒看護師
新卒看護師
新卒看護師

私は、元々人と関わることが少ない職業に就いていたのですが、人と関わる仕事をどうしても諦められず、看護師として働く決心をしました。
現在、野崎徳洲会病院に入職して半年が経過しましたが、人と親密に関わることができるこの仕事に就いたことで、とてもやりがいのある毎日を過ごすことができています。
入職してからの半年間は新人研修を通して、様々な看護技術や看護分野について、その道の先輩方から熱心に指導して頂き、技術と同時に医療人としてどうあるべきか、という心構えについて学ばせて頂くことができました。
今後も日々の業務を通して看護技術や知識、経験を培っていくと共に、ケアさせて頂く患者様との関わりより、医療人として患者様やその家族が求めることや、患者様にとって必要なことを学び続け、一人一人の患者様やその家族にとって必要な存在になりたいと考えています。

新卒看護師
新卒看護師
新卒看護師

私が看護師を目指すようになったきっかけは、入院をした時に不安でいっぱいだった私のそばで安心させてくれた看護師との出会いでした。
入職して半年が経ち、日々の業務の中で看護師としての責任を感じる場面や苦しいことや辛いことがあり、挫けそうになることがありました。また同じくらい嬉しいことや看護師で良かったこともあり、同期や先輩に支えられて楽しく働くことができています。看護師として疾患についての知識、必要な看護について学習を深めるだけでなく、患者さんと向き合う中で「いつもとなにか違う」という患者さんの小さな異変も感じ取れるように日々努力していきたいです。

新卒看護師
新卒看護師
新卒看護師

野崎徳洲会病院に入職して半年が経ちました。まだまだ一人前の看護師とは言い難いですが、この半年間で多くの事を学び成長することができました。
ここでは新人研修を豊富に受けることができます。先輩が講師となってくださり、採血や呼吸器、急変時対応など様々な看護技術を学ぶことができました。この研修があり現場で自信を持って実践することができています。また病棟ではPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)が導入されており、先輩とペアで患者さんを受け持つことができるので、不安だらけの新人としてはとても心強いです。隣で色々な先輩の看護を見ることで、自分の看護に活かすことができています。今はまだ業務をこなすことで精一杯ですが、憧れの先輩を見習いもっと患者さんの思いや立場に立った看護を提供できるナースになりたいと思っています。

新卒看護師
新卒看護師
ローテーション研修終了ナース

・看護師を目指された理由やきっかけを教えて下さい。
高校生の時に資格を持った仕事につきたいと思い、看護師という仕事に出会い、看護師になりたいと思ったのがきっかけです。

・認定看護師を目指すきっかけを教えて下さい。
当施設に入職をし、ローテーション研修を2年間行い、その中から手術室配属を希望しました。手術室に配属になって6年間が経ち、任せられる業務が増え、後輩指導などを行う中で、もう一度、周術期看護を一から学びたい、深めたいと思ったのと、周囲からの後押しがあり、手術看護認定看護師を目指そうと思いました。

・認定看護師を取得するために何か取り組んだことはありますか?
認定看護師の試験日までは、日々業務を行いながら、試験勉強を行っていました。仕事の後に勉強をする気には中々なれず、毎朝早く起きて勉強をしていました。また、業務中は、日頃何気なく行っていることに対して、一つ一つ根拠を考えながら業務にあたりました。分からないことがあると、直ぐ近くに根拠を教えて貰える先生方が居たこともあり、納得がいくまで、理解することに協力してもらいました。

・認定看護師として将来的に取り組みたいことはありますか?
周術期看護をたくさんの看護師に知ってもらい、興味を持ってもらうことです。周術期看護とは、術前看護・術中看護・術後看護を含めて、周術期看護と言います。手術室は実際に働いてみないとイメージがつかない部署だと思います。そのためにも、一人でも多くの看護師に対して、周術期看護の魅力を伝えることが、私たち認定看護師の役割と考えています。また、患者様に安全で質の高い医療を提供するためにも、チームワークが重要となる部署です。チームワークを活かすためにも、手術看護認定看護師として介入したいと考えています。

ローテーション研修終了ナース

・看護師を目指された理由やきっかけを教えて下さい。
私は、幼少期から何度も入退院を繰り返す生活を送っていました。辛い治療や自宅ではない環境での生活などで不安でしたが、その時に親身になり寄り添ってくれたのが看護師さんでした。その経験から、心に寄り添える看護師になりたいと考えるようになりました。

・認定看護師を目指すきっかけを教えて下さい。
救急搬入された患者様は、治療後に自宅へ帰ることができる患者様もいますが、生命の危機状態のある患者様もおられます。軽症から重症まで、どんな症例でも救急要請を受け入れる当院では、アンダートリアージは決して許されません。かと言ってオーバートリアージばかりでは、本当に緊急に治療が必要な患者様を待たせてしまうことになります。 このような時に医療者に求められることは確実にアセスメントを行い、的確に対応する能力です。業務をするにあたり、救急に求められる技術と知識が不足している事を改めて感じたため、アセスメント能力を身につけようと意識が高くなっていき、救急看護認定看護師を目指すようになりました。

・認定看護師を取得するために何か取り組んだことはありますか?
 認定看護師を目指すにあたり、1日1個新しいことを覚えるという学習方法を行いました。資格を取得するためには膨大な量の学習をしなければなりません。1日1個ではもちろん足りませんが、沢山の事を一気に長期記憶にすることは私には難しく、最低でも1個は覚え、あとは全て復習の時間にまわすという方法が一番自分に合っている学習方法でした。この学習方法は現在でも続けており、今後も継続して行っていきたいと考えています。

・認定看護師として将来的に取り組みたいことはありますか?
ご存知の通り、毎年日本国内で多くの災害が発生しています。災害は予測できるものではありませんので、日頃から準備が必要であると考えています。当院でも災害訓練を実施したり、シミュレーション学習を行いましたが、まだまだ準備が必要です。いつ災害が起こっても、沢山の患者様を受け入れて対応できるような病院になるように、準備をしていきたいです。

認定ナース

・看護師を目指された理由やきっかけを教えて下さい。
介護士をしていた時の師長のすすめです。

・認定看護師を目指すきっかけを教えて下さい。
急性期病棟に入院された認知症の患者様は認知症の症状が悪化して自宅や施設に戻ることが出来ないというのがほとんどです。このことに対し、どのように接したら患者様が入院前の状態で退院・転院できるかということを思うようになり認知症についてもっと知りたいと思ったからです。

・認定看護師を取得するために何か取り組んだことはありますか?
日頃入院されている患者様でせん妄や認知症の患者様に積極的に関わり、家族の方に自宅や施設での病気になる前の話を聞いたり、なぜこのような行動をとるのかといったことを同僚の看護師や主治医、リハビリスタッフと話し合いを行い自分なりに文献や書籍で調べました。

・認定看護師として将来的に取り組みたいことはありますか?
認知症やせん妄があっても、その人がその人らしく尊重され、周囲に受け入れられるようなコミュニティーを各地域で作っていきたいです。入院前、入院中、退院後の患者様の情報を得ることで、今までは連携できていなかった病院と地域の関連性も改善されて認知症の患者様が住み慣れた地域での継続された生活が送れるようになると考えます。

認定ナース

・認定看護師を目指すきっかけを教えて下さい。
健康な一家に生まれ育った私。先天性心疾患の子供を出産。子供が大きくなるほどに分離不安が増していきました。担当医から看護師になって専門的な勉強をしてみたらどうかと勧めて頂いたことがキッカケとなりました。

・認定看護師を目指すきっかけを教えて下さい。
看護師1年目で看護や技術の習得、2年目で夜勤、3年目でリーダー業務と常に目標を持っていた私は、周囲の先輩に恵まれていて多方面から育てて頂きました。その後、医療安全管理委員会で部署での役割を習得し5年目の節目に向けて、これからの私について考えていた時、当時の所属長より『色んな研修に参加すると見えてくる』と、あらゆる分野の研修へ参加させて頂きました。がん化学療法看護に“ピン”ときた新人時代、抗がん剤治療について無知ゆえに悔しい経験をしたことがあり、抗がん剤について猛勉強をしていたことや患者さんから聞こえる苦悩の声を何とかしたいと思っていた過去に“ピン”と反応。気がつけば、スタッフはじめ患者さんや家族から相談を受けることが多くなっていました。自身の家族の後押しもあり、あらゆる条件が整い認定看護師を目指すことになりました。

・認定看護師を取得するために何か取り組んだことはありますか?
がん化学療法看護認定看護師の方を2名紹介して頂き、会って経験話を伺い、自分の勉強方法はずれていないか間違っていないかなどを確認しました。
同じ徳洲会グループ内の認定看護師が所属する化学療法センターを見学させて頂き色々アドバイスを頂きました。
学校の資料を参考に、オープンキャンパスに参加し先生方の雰囲気や学校の方針など自身が求めている内容と一致するか確認。所属長に相談しながら受験する学校は自分で選択しました。
オープンキャンパスで認定看護師になるための心構えとして学んだことを実行しました。
その1 認定看護師取得までに障害となるリスクやイベントを書き出し、全てに対策を立て整える
その2 落ち込んだ時や辛い時の対策を立てて準備しておく
さの3 良いと聞いたことは全て行う

・認定看護師として将来的に取り組みたいことはありますか?
がんの全身治療である抗がん剤は、ゲノム治療も含め今後も進化していくことが期待されます。最新の情報を提供しながら、今後もスタッフ・患者さんや家族が安心して安全に治療できる環境やシステムの向上に取り組んでいきたいです。また、患者さんの意見を取り入れながら副作用対策の研究なども行っていきたいです。