国家試験対策

第7回

①抗癌薬による骨髄機能抑制症状はどれか。(第101回)
  1. 嘔 吐
  2. 脱 毛
  3. 下 痢
  4. 歯肉出血
正解:4
抗がん薬は骨髄の働きを抑制する(骨髄抑制=赤血球減少、白血球減少、血小板減少)。
また消化器症状(嘔吐、下痢、口内炎)や脱毛などがみられやすい。なお血小板減少によって出血傾向をきたすことで、歯肉出血につながる。
②注射針を皮膚に対して45~90°の角度で刺入する注射法はどれか。(第101回)
  1. 皮下注射
  2. 皮内注射
  3. 筋肉内注射
  4. 静脈内注射
正解:3
  1. 皮下注射:10~30°の角度で刺入する。
  2. 皮内注射:平行に近い角度で刺入する。
  3. 筋肉内注射:筋肉内注射は45~90°の角度で刺入する。
  4. 静脈内注射:10~20°の角度で刺入する。
③平成22年(2010年)の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高いのはどれか。(第103回)
  1. 20~29歳
  2. 30~39歳
  3. 40~49歳
  4. 50~59歳
  5. 60~69歳
正解:5
平成22年の国民健康・栄養調査において、運動習慣のあるものの割合が最も高かったのは、男性で70歳以上、女性で60~69歳となっている。

一覧へ戻る