国家試験対策

第20回

①患者とのコミュニケーションで適切なのはどれか。(第100回)
  1. 否定的感情の表出を受けとめる。
  2. 正確に伝えるために専門用語を多く使う。
  3. 会話の量と信頼関係の深まりとは比例する。
  4. 患者の表情よりも言語による表現を重視する。
正解:1
  1. 患者の否定的な感情を受容し、共感的に理解することが重要である。
  2. 患者に分かりやすい表現を用いる。
  3. 会話の量が多ければ信頼関係が深まるとは限らない。信頼関係を構築していくためには、対象者を理解しようとする態度が必要となる。
  4. 対象者の気持ちを理解するには、言語的・非言語的コミュニケーションが必要となる。「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、表情などに気持ちがあらわれることが多い。
②空気感染を防止するための防護用具はどれか。(第102回)
  1. ガウン
  2. ゴーグル
  3. N95マスク
  4. 外科用マスク
正解:3
  1. 空気感染(飛沫核感染)は呼吸によって粒子を吸い込むことにより感染するので、ガウンやゴーグルでは防止効果は望めない。
  2. 空気感染(飛沫核感染)は呼吸によって粒子を吸い込むことにより感染するので、ガウンやゴーグルでは防止効果は望めない。
  3. N95マスクは結核、SARSなどの空気感染の予防に効果があり、粒子の吸入防止に用いる。手術用のサージカルマスクとは区別される。
  4. 外科用マスク(サージカルマスク)は飛沫核などの微粒子の吸入防止効果は期待できない。ただし、装着者の側からの飛沫の拡散の防止は期待できるので、結核患者に用いることができる。
③災害時のトリアージで最優先治療群のトリアージタッグはどれか。(第102回)
正解:1
トリアージは信号と同じように赤→黄→青の順で、赤が一番優先度が高くなる。黒は最後で、死亡群である。

一覧へ戻る