国家試験対策

第42回

①平成21年(2009年)における日本の高齢化率はどれか。(第101回)
  1. 2.7%
  2. 12.7%
  3. 22.7%
  4. 32.7%
正解:3
平成21年における我が国の高齢化率は22.7%である。
②炭坑従事者に起こりやすい職業性疾患はどれか。(第102回)
  1. 潜函病
  2. じん肺
  3. 中皮腫
  4. 白ろう病
正解:2
じん肺は、鉱山や炭坑に従事する労働者に起こる職業性疾病の1つである。粉じんを吸入することによって、肺の線維化、気管支炎、気管支拡張症等の症状を呈する。平成22年度におけるじん肺の発生状況は4%であった。
③ジゴキシンの主な有害な作用はどれか。(第103回)
  1. 振 戦
  2. 不整脈
  3. 聴覚障害
  4. 満月様顔貌〈ムーンフェイス〉
正解:2
  1. 振戦は、向精神薬などの有害作用である。
  2. ジゴキシン(ジギタリス)の主な有害作用は、不整脈(徐脈を伴う)、頭痛、めまい、悪心、嘔吐などである。
  3. 聴覚障害は、ストレプトマイシンなどの有害作用である。
  4. 満月様顔貌(ムーンフェイス)は、ステロイド薬(プレドニゾロン)などの有害作用である。

一覧へ戻る