国家試験対策

第70回

①最も緊急性の高い不整脈はどれか。(第104回)
  1. 心房細動
  2. 心室細動
  3. Ⅰ度房室ブロック
  4. 完全右脚ブロック
正解:2
  1. 心房細動は、心房が収縮せず、ただブルブルと震えているような状態をイメージするとわかりやすい。僧帽弁狭窄等の心臓弁膜症が引き金となって起こることが多く、心房内に形成された血栓が脳血管内に移動し、閉塞させることで脳塞栓の原因にもなりやすい。
  2. 心室が小刻みに痙攣し、血液が全身に送られていない状態を意味する。最も緊急性が高く、直ちに除細動が必要である。
  3. 房室伝導障害によって生じる不整脈である。伝導障害の程度によってⅠ~Ⅲ度に分類される。Ⅰ度では通常、治療は必要とせず、経過観察の場合が多い。
  4. ヒス束以下の脚枝のうち、右脚に伝導障害をきたした状態。基礎疾患があればその治療をおこなうが、それ以外は経過観察となる。
②インシデントレポートで正しいのはどれか。(第99回)
  1. 実際に事故が発生するまでは報告しない。
  2. 法令で書式が統一されている。
  3. 当事者以外が報告してよい。
  4. 警察署への届出義務がある。
正解:3
インシデントレポートとは医療現場で患者に健康被害を及ぼすことはなかったが、日常診療の現場でヒヤリ・ハットとした経験(インシデント)に関する報告書である。事例を分析し、フィードバックすることで、再発や医療事故、医療過誤を未然に防ぐことが主な目的である。医療事故となった場合の報告書はアクシデントレポートとよばれる。
  1. 実際に事故が発生するまでは報告しない。医療事故に至らなかった事例の報告をすることである。
  2. 法令で書式が統一されている。各医療施設で書式は異なる。
  3. 当事者以外が報告してよい。個人の責任を問うものではないため、当事者以外でその状況を確認できる者が作成してもよい。
  4. 警察署への届出義務がある。警察署への届け出の必要はない。
③成人女性に一時的な導尿を行う際に、カテーテルを挿入する長さはどれか。(第102回)
  1. 1~3cm
  2. 5~7cm
  3. 9~11cm
  4. 18~20cm
正解:2
成人女性の尿道の長さは3~4cmなので、カテーテルはそれより少し長めに4~7cm挿入する。

一覧へ戻る