国家試験対策

第92回

①2歳6か月の幼児で正常な発達と判断されるのはどれか。(第101回)
  1. 前後上下の空間認識ができる。
  2. 手掌全体で2cm角の積み木をつかむ。
  3. 2~3か月前から二語文を話している。
  4. 半年前から手を引かなくても歩けるようになった。
正解:3
  1. 大脳の発達に伴って空間や時間の認識が広がってくるのは、4歳を過ぎてからである。
  2. 手掌全体で触れたものをつかむのは5~6か月である。
  3. 正常な発達過程では、2歳になると二語文を話すようになる。
  4. 通常1歳半で一人歩きができるようになり、2歳では走れるようになる。
②滅菌パックの開封の仕方で正しいのはどれか。(第95回)
正解:4
  1. 紙製の滅菌袋はシールしている内側をシール部分に沿って開封する必要がある。
  2. 鑷子を滅菌袋から取り出すときは、鑷子の先端を下に向け把持部分から開ける。上下が逆になっている。
  3. はさみを入れている部分が滅菌物に触れており不潔である。
  4. 滅菌されたはさみを把持する部分から、シールしている内側をシール部分に沿って開封しており、この開封の仕方が正しい。
③世界保健機関〈WHO〉が定義する健康の概念で正しいのはどれか。(第101回)
  1. 万人の有する基本的権利である。
  2. 健康と不健康とは不連続である。
  3. 身体的健康が最も重要である。
  4. 病気や障害がないことである。
正解:1
WHO憲章には「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病又は病弱でないという状態ではない。到達しうる最高水準の健康を享受することは、人種、宗教、政治的信念又は経済的若しくは社会的条件の差別なしに万人の有する基本的権利の1つである」と定義されている。なお、健康と不健康は連続するものである。

一覧へ戻る