国家試験対策

第104回

①1か月の乳児。噴水状に嘔吐している。児の消化管の狭窄部位はどれか。(第96回)
  1. 食 道
  2. 噴 門
  3. 幽 門
  4. 回 腸
正解:3
幽門狭窄は、一旦胃に入って貯留していたものが、幽門の通過障害により勢いよく噴水状に吐き出される。胃内の物を吐くので無胆汁性の嘔吐となる。右季肋部にオリーブの実大の腫瘤が認められれば、肥厚性幽門狭窄症の可能性が高い。
②Aさんは、1人で暮らしている。血管性認知症があり、降圧薬を内服している。要介護1で、週3回の訪問介護と週1回の訪問看護を利用している。最近では、Aさんは日中眠っていることが多く、週1回訪ねてくる長男に暴言を吐くようになっている。Aさんの長男の話を傾聴した上で、訪問看護師の長男への対応で最も適切なのはどれか。(第103回)
  1. デイサービスの利用を提案する。
  2. Aさんを怒らせないように助言する。
  3. Aさん宅に行かないように助言する。
  4. 薬の内服介助をするように提案する。
正解:1
  1. 日中の活動レベルの低下によって、刺激の低下から認知症が悪化している可能性が考えられるため、デイケアなどの社会資源の活用を提案していく。
  2. 長男の行為によって暴言を吐いているわけではない。怒らせないようにするのは難しい。
  3. 日中刺激することによって、現在の状態が改善される可能性があるため、出来る限り訪問するように説明する。
  4. 設問の内容では、自己管理出来ている様子のため、内服確認はしてもよいが、介助までは必要ない。
③リエゾン精神看護に関する説明で正しいのはどれか。(第102回)
  1. 直接ケアは含まれない。
  2. 精神疾患の既往のある患者は対象とならない。
  3. 看護師は必要に応じて精神病床への移動を指示できる。
  4. 身体疾患と精神的問題とを併せ持つ患者を対象とする。
正解:4

リエゾン(Liaison)はフランス語で「連携・連絡」という意味。精神看護では「橋渡し・つながり」という意味で使う。

  1. ガンを告知されたり、抑うつ的な患者や家族へのメンタルケアとして、リラクゼーションやカウンセリングなど、直接ケアを行う。
  2. 精神疾患の既往の有無に限定されず、広く精神的に問題のある患者や家族、医療従事者をも対象とする。
  3. 病棟移動は医師の指示による。
  4. 身体疾患と精神的問題とを併せ持つ患者とその家族、そこに関わる医療従事者が対象になる。

一覧へ戻る