国家試験対策

第110回

①手段的日常生活動作〈IADL〉はどれか。2つ選べ。(第106回)
  1. 食 事
  2. 洗 濯
  3. 入 浴
  4. 更 衣
  5. 買い物
正解:2、5

手段的日常生活動作(IADL)とは、日常生活動作(ADL:食事・排泄・更衣・入浴・移動など)、日常生活を送るために必要な基本動作をもとに、複雑な日常生活上での動作のことを示す。買い物、洗濯、電話、薬の管理、金銭管理、乗り物での移動、趣味活動などが、どの程度行えるのかを測定する。特に高齢者の身体活動能力を中心に、障害の程度を知るうえで重要な指標のひとつである。

  1. 食事は、日常生活動作(ADL)である。
  2. 洗濯は、手段的日常生活動作(IADL)である。
  3. 入浴は、日常生活動作(ADL)である。
  4. 更衣は、日常生活動作(ADL)である。
  5. 買い物は、手段的日常生活動作(IADL)である。
②リンパ系について正しいのはどれか。(第101回)
  1. リンパ管には弁がない。
  2. 吸収された脂肪を輸送する。
  3. 胸管は鎖骨下動脈に合流する。
  4. リンパの流れは動脈と同方向である。
正解:2

リンパ系は循環系の中では動脈よりも静脈系に似ている。

  1. リンパ系には静脈系と同様に弁が豊富に存在する。
  2. 脂肪の多くは腸リンパに吸収されて胸管から静脈に合流する。
  3. 胸管(左リンパ本幹)は左静脈角(内頸静脈と左鎖骨下静脈の合流部)から静脈に合流する。
  4. リンパの流れは静脈と同方向である。
③要介護認定者が訪問看護を受ける際、医療保険から給付される疾病または状態はどれか。(第102回)
  1. 関節リウマチ
  2. 在宅酸素療法を受けている状態
  3. 人工呼吸器を使用している状態
  4. 全身性エリテマトーデス〈SLE〉
正解:3

介護保険の要支援1・2、要介護1~5の中で、厚生労働大臣が定める疾病等に該当する場合には、介護保険ではなく医療保険の訪問看護の適用となる。

一覧へ戻る