国家試験対策

第138回

①クリティカルシンキングで適切なのはどれか。(第103回)
  1. 直観的アプローチである。
  2. 主観的情報を重視した考え方である。
  3. 物事を否定的にみる思考過程である。
  4. 根拠を持ち実践することを可能にする。
正解:4

クリティカルシンキングとは、論理的で批判的な問題解決思のことである。憶測ではなく根拠に基づいた判断によって実践する。

②Aちゃん、4歳。妹のBが気管支炎のため母親が付き添って1週間入院している。自宅には母方の祖母が来て、Aの面倒を見ている。母親から「昨日保育所から、Aが友達を叩いて困ると連絡を受けました。Bはずいぶん元気になってきて安心していたのに」と担当看護師が相談を受けた。母親への助言で最も適切なのはどれか。(第98回)
  1. 母親の一時帰宅を勧める。
  2. Aに保育所をしばらく休ませる。
  3. 祖母にAの面倒をもっとよく見てもらうように勧める。
  4. Aの通う保育所の保育士にBの病状を話すように勧める。
正解:1

母親が妹の入院に付き添っているために、Aちゃんは母親と過ごす時間がなくなり不安感などからストレスを高じていると思われる。母親に一時帰宅を勧め、Aちゃんとのスキンシップを十分図ることが最優先される。

③高血圧性脳出血で最も頻度の高い出血部位はどれか。(第102回)
  1. 被殻
  2. 視床
  3. 小脳
正解:1

高血圧性脳出血の部位は、被殻40%、視床30%、橋・小脳がそれぞれ10%である。

一覧へ戻る