国家試験対策

第163回

①ヒト免疫不全ウイルス〈HIV〉の感染経路で正しいのはどれか。 2つ選べ。(第105回)
  1. 感染者の嘔吐物との接触
  2. 感染者の咳による曝露
  3. 感染者の糞便との接触
  4. 感染者からの輸血
  5. 感染者との性行為
正解:4・5

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染経路は、主に性感染、血液感染、母子感染の3つであり、HIV感染者の多量のウイルスを含む体液(血液、精液、腟分泌液、母乳)が粘膜や皮膚の傷口から血中に侵入して感染する。

②次の文を読み問題に答えよ。(第93回)

ベロ毒素を産生する腸管出血性大腸菌による溶血性尿毒症症候群の2歳児。腹痛と頻繁に血性水様性下痢便がみられ転院してきた。医師は「尿が出なくなれば血液透析が必要になる」と説明した。

◆問題 入院時の看護で適切なのはどれか。

  1. 塩分制限は必要ない。
  2. 2人部屋に入院させる。
  3. ベロ毒素が陰性になるまで遊びを中止する。
  4. 体重測定は毎日する。
正解:4
  1. 溶血性尿毒症症候群は腸管出血性大腸菌の産生するベロ毒素によって腎糸球体内皮細胞障害が生じ、尿量減少による体液貯留が考えられるため塩分制限が必要である。
  2. 感染力が強く、人から人へ感染することがあるため、感染予防のため個室にする。
  3. 幼児にとって遊びは欠かせない。安静度を考慮しつつ、2歳児の発達に即した遊びを取り入れていく。
  4. 溶血性尿毒症症候群(HUS)が悪化する危険性があり、「尿が出なくなったら透析が必要」と説明されていることから、尿量の測定や体重の測定が必要である。
③皮膚・髪・鼻腔が感染源になるのはどれか。(第95回)
  1. 黄色ブドウ球菌
  2. レンサ球菌
  3. B型肝炎ウイルス
  4. ヒト免疫不全ウイルス
正解:1
  1. 健康成人の30~40%は鼻粘膜上に黄色ブドウ球菌を保有している。他にも毛髪や皮膚に保菌しており、病院内で医療従事者の手から感染が広がることがある。
  2. レンサ球菌は感染性分泌物が感染源になる。
  3. 主に血液・精液が感染源になる。
  4. 主に血液・精液が感染源になる。

一覧へ戻る