国家試験対策

第173回

①吸息時に収縮する筋はどれか。2つ選べ。(第104回)
  1. 腹直筋
  2. 腹横筋
  3. 横隔膜
  4. 外肋間筋
  5. 内肋間筋
正解:3・4
  1. 腹直筋は腹式呼吸の呼息時に収縮する。
  2. 腹横筋は呼息時に収縮する。
  3. 横隔膜は腹式呼吸の吸息時に収縮して胸腔を広げる。
  4. 外肋間筋は胸式呼吸の吸息時に収縮して胸腔を広げる。
  5. 内肋間筋は胸式呼吸の呼息時に収縮する。
②呼吸性アシドーシスをきたすのはどれか。(第101回)
  1. 飢餓
  2. 過換気
  3. 敗血症
  4. CO2ナルコーシス
  5. 乳酸アシドーシス
正解:4
  1. 飢餓状態では栄養素(糖質)の不足により脂肪分解が亢進することで、ケトン体が発生する。ケトン体は酸性物質のため、代謝性アシドーシスを起こしやすい。
  2. 過換気はCO2の過剰排泄により呼吸性アルカローシスをきたす。
  3. 敗血症では代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの混合性である。
  4. CO2ナルコーシスとは、高炭酸ガス血症に伴う意識障害であり、呼吸性アシドーシスである。
  5. 代謝性アシドーシスである。
③酸素療法時の看護で正しいのはどれか。(第92回)
  1. 酸素流量5ℓ/分では酸素マスクが適している。
  2. 流量不足による胸骨下の痛みに注意する。
  3. 流量計の加湿瓶には生理食塩水を入れる。
  4. 装着中の鼻腔カニューレの汚れはアルコール綿で拭く。
正解:1
  1. 酸素流量5ℓ/分では経鼻的に吸入することは難しく、マスク法が良い。
  2. 胸骨下の痛みは流量不足ではなく、酸素中毒(酸素過多)の徴候である。
  3. 加湿器には滅菌蒸留水を入れる。
  4. アルコールは匂いがあり、刺激性もあるので使用しない。また樹脂製品やゴム製品の中にはアルコールで変質するものがある。

一覧へ戻る