国家試験対策

第175回

①上行結腸癌の術後に考えられる合併症はどれか。(第100回)
  1. 便失禁
  2. 腸閉塞
  3. 排尿障害
  4. 勃起不全
正解:2
  1. 便失禁は腹圧性・機能性・切迫性・溢流性とあり、それぞれに原因がある。結腸右半切除術後の合併症としては関連しない。
  2. 大腸癌手術後の合併症として腸閉塞を生じやすいので、排ガスの停止や腹部膨満感をアセスメントする。また、縫合不全も多くみられる。
  3. 直腸癌手術の合併症として可能性があるが、上行結腸癌では可能性はない。
  4. 直腸癌手術の合併症として可能性があるが、上行結腸癌では可能性はない。
②イレウスと原因の組合せで正しいのはどれか。(第101回)
  1. 絞扼性イレウス ─ 粘液水腫
  2. 単純性イレウス ─ 腸捻転症
  3. 麻痺性イレウス ─ 脊髄損傷
  4. けいれん性イレウス ─ モルヒネの内服
正解:3
  1. 絞扼性イレウス(複雑性イレウス)の原因は、腸管の絞扼・ヘルニアの嵌頓・腸重積・腸捻転などである。
  2. 単純性イレウス(閉塞性イレウス)の原因は、開腹術後の腸管癒着によるものが多く、他に腫瘍・胆石・クローン病などである。
  3. 麻痺性イレウスの原因は、開腹術後・低カリウム血症・糖尿病・脊髄損傷などである。
  4. けいれん性イレウスの原因は、鉛中毒・ヒステリーなどである。
③Aさん(43歳、男性)は、胆道狭窄のため内視鏡的逆行性胆管膵管造影〈ERCP〉検査を受けた。検査後に心窩部痛が出現したため、禁食、抗菌薬および蛋白分解酵素阻害薬による治療が行われている。翌日実施した血液検査の項目でAさんに生じている合併症を判断できるのはどれか。(第105回)
  1. アミラーゼ
  2. アルブミン
  3. クレアチニン
  4. クレアチンキナーゼ
正解:1
  1. 検査後の重症な合併症として急性膵炎がある。原因は、十二指腸乳頭部への機械的刺激による腫脹や造影剤による膵臓への直接作用などが考えられている。検査後は背部痛や発熱などの自覚症状とともに、血清アミラーゼ値の観察が重要である。
  2. 血漿タンパク質で、浸透圧の調整などに関与する。
  3. 筋肉の収縮に必要なクレアチンの最終代謝産物である。
  4. 骨格筋、心筋、平滑筋、脳などに含まれる酵素で、それらの部位が損傷すると血中に出ていくため、心筋梗塞発症などで上昇する。

一覧へ戻る