国家試験対策

第203回

①気管支喘息に対する副腎皮質ステロイドの吸入療法について正しいのはどれか。(第102回)
  1. 副作用は内服より少ない。
  2. 吸入後に含嗽はしない。
  3. 食後の吸入が食前より効果的である。
  4. 吸い込むタイミングで効果的な差はない。
正解:1
②胸壁を呼気時に圧迫して気道分泌物の移動を促す手技はどれか。(第103回)
  1. 振動法
  2. 咳嗽誘発法
  3. スクイージング
  4. 用手的呼吸介助法
正解:3
③水封式持続吸引法による胸腔ドレナージについて正しいのはどれか。(第102回)
  1. ドレーンの回路は開放式である。
  2. 水封室の水面は呼吸に伴って上下に動く。
  3. 吸引圧は−50~−100cmH2Oに調整する。
  4. ドレーンバッグは挿入部よりも高く設置する。
正解:2

一覧へ戻る