国家試験対策

第233回

①神経伝達物質でカテコールアミンはどれか。(第98回)
  1. ドパミン
  2. セロトニン
  3. γ-アミノ酪酸
  4. アセチルコリン
②活動電位について正しいのはどれか。(第103回)
  1. 脱分極が閾値(いきち)以上に達すると発生する。
  2. 細胞内が一過性に負<マイナス>の逆転電位となる。
  3. 脱分極期には細胞膜のカリウム透過性が高くなる。
  4. 有髄神経ではPurkinje<プルキンエ>細胞間隙を跳躍伝導する。
③神経伝達物質と効果器の組合せで正しいのはどれか。(第107回)
  1. γ-アミノ酪酸<GABA> ― 気管
  2. アセチルコリン ― 瞳孔散大筋
  3. アドレナリン ― 血管
  4. セロトニン ― 心筋
  5. ドパミン ― 汗腺

次回は2021/2/26更新です。
更新日に解答も公開します。

一覧へ戻る