国家試験対策

第234回

①関節軟骨を構成する成分で最も多いのはどれか。(第98回)
  1. アクチン
  2. ミオシン
  3. ケラチン
  4. コラーゲン
  5. グリコゲン
正解:4
②骨で正しいのはどれか。(第96回)
  1. 骨芽細胞は骨の吸収を行う。
  2. カルシトニンは骨破壊を促す。
  3. 長管骨の成長は骨膜で行われる。
  4. 血清カルシウム値の調節に関わる。
正解:4
③成人で、骨髄が脂肪組織になっているのはどれか。(第108回)
  1. 寛 骨
  2. 胸 骨
  3. 大腿骨の骨幹
  4. 椎骨の椎体
  5. 肋 骨
正解:3
  1. 寛 骨
    寛骨には赤色骨髄がある。
  2. 胸 骨
    扁平骨である胸骨には赤色骨髄がある。
  3. 大腿骨の骨幹
    大腿骨の骨幹など四肢長管骨の骨幹髄腔は脂肪細胞が増加して黄色骨髄となっている。
  4. 椎骨の椎体
    椎骨の椎体内部海綿質には赤色骨髄がある。
  5. 肋 骨
    肋骨は扁平骨で赤色骨髄がある。

骨髄には造血機能を有する赤色骨髄と、造血機能が失われ脂肪が主な成分である黄色骨髄がある。成人において赤色骨髄を有するのは、扁平骨である胸骨や肋骨、寛骨などと椎骨椎体である。

一覧へ戻る